FBIP:IZIKO-UCT:Historical Invertebrates (1930-1980)

オカレンス(観察データと標本)
最新バージョン South African National Biodiversity Institute により出版 6 30, 2018 South African National Biodiversity Institute

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 20,588 レコード English で (546 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)

説明

Around the 1930’s Stevenson and Day along with the University of Cape Town (UCT) started up the UCT ecological survey project which aimed to create a reference collection of the biodiversity along the southern African coastline and various other localities around the world (e.g. Beaufort shelf transect Alaska, Madagascar, etc.) (Griffiths et al. 2010). Initially the survey/project was conducted along the shoreline of southern Africa (estimated collection areas: 36). The survey/project was later expanded to surveying the estuaries of southern Africa (estimated collection areas: 17). The survey/project was completed by conducting deeper water trawls and dredges of the west, south and east coast of southern Africa. It is important to note that each collection area contains various collection sites, for example False Bay (collection area) contains an estimated 856 collection sites. The reference collection and registers were donated to the IZIKO South African museum in the 1960’s by UCT. Numerous amounts of literature have been published by using the data in the registers (Barnard 1951, Stock & Day 1959, Stock & Day 1962, Griffiths 1974, Blaber 1974 and Griffiths et al. 2010). Currently there are a number of taxanomic projects underway, that rely on the data contained within the registers. By making the data available in a sensible electronic format will greatly improve the time taken to complete current and future projects that rely on the registers for data. Along with the reference specimen collection it also contains a vast number of observational records, which could potentially provide a massive historical database of species occurrences dating back to more than forty years ago. Datasets such as these could potentially give us greater insights into the effects of global change on biodiversity (Chapman 2005, Chapman 2010).

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、20,588 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Bosman A (2018): FBIP:IZIKO-UCT:Historical Invertebrates (1930-1980). v1.1. South African National Biodiversity Institute. Dataset/Occurrence. http://ipt.sanbi.org.za/iptsanbi/resource?r=iziko_historical_invertebrates&v=1.1

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は South African National Biodiversity Institute。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY 4.0) License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: cd6fe3a0-eee9-4066-8420-e36313ed833dが割り当てられています。   South African Biodiversity Information Facility によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSouth African National Biodiversity Institute が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence

連絡先

Albe Bosman
  • メタデータ提供者
  • 最初のデータ採集者
  • 連絡先
Collections Manager: Ichthyology
Iziko South African Museum
Iziko South African Museum, 25 Queen Victoria street
8000 Cape Town
Western Cape
ZA
Fhatani Ranwashe
  • データ利用者

地理的範囲

Global distribution

座標(緯度経度) 南 西 [-90, -180], 北 東 [90, 180]

追加のメタデータ

代替識別子 cd6fe3a0-eee9-4066-8420-e36313ed833d
http://ipt.sanbi.org.za/iptsanbi/resource?r=iziko_historical_invertebrates